美味しいビールはこだわりビールジョッキから

ビールジョッキ

居酒屋やビアガーデンでお馴染みのビールジョッキは、ガラス製のものだけでなく陶器製や木製など、さまざまな素材のものが作られています。

最近では、ステンレス製やセラミック製などの金属で作られたビールジョッキも人気となっており、ますます選択の幅が広がりつつあります。

さて、ビールジョッキの素材や形状、厚みなどのちがいにより、ビールの味にも大きな影響を与えることは意外と知られていません。

ビールを美味しくいただくには、ビールジョッキにこだわってみるのも良い考えでしょう。

まずは容量に注目してみましょう。

居酒屋でよく見かける中ジョッキの容量は約500ミリリットル、大ジョッキの容量は800ミリリットルです。

また、女性に人気の小ジョッキの容量は約400ミリリットル程度になっています。

家庭で生ビールを楽しむビール愛好家のために、販売もされていますので、家庭用ビールサーバーと一緒に購入してみるのもよいでしょう。

家庭で使用するときに、サイズがあまりにも大きすぎると、いろいろと不都合な点があります。

ビールジョッキの比較

保存方法が一番の問題です。

サイズが大きすぎると、食器棚に入れることができなかったり、グラスを冷やすために冷蔵庫に入れるときにスペースを取りすぎたりしてしまいます。

そのため、容量500ミリリットルの中ジョッキサイズ以下が家庭用としては望ましいと言えるでしょう。

次に、ビールジョッキの厚みも味に影響を与えるので、飲むビールの種類やブランドの違いによって、使い分けるのが理想的です。

グラスが厚ければ厚いほど、ビールの繊細な味わいを感じにくくなります。

ペールエールやスタウトなど繊細な味わいが魅力のビールを飲むときには、薄手のものを選ぶと、エールビール本来の味を余すことなく楽しめるでしょう。

その反対に、分厚いビールジョッキはラガービールのようにごくごくと豪快に飲み干して、喉ごしを楽しむビールに向いています。

ピルスナーなどのラガー系ビールを飲むときには、厚手のものをチョイスするとよいでしょう。

ちなみに、厚みによって洗うときや保管するときの慎重さもちがってきます。

薄いとちょっとした拍子に欠けてしまったり、割れてしまったりするので、取り扱いには神経を使います。

ビールジョッキ

その点、厚いものは衝撃に強いので多少は手荒に扱っても大丈夫です。

高価なクリスタルでできた外国製ジョッキが、割れたり欠けたりするとショックなので、長く使いたいときは厚手のものを選ぶと安心です。

ビールを美味しくいただくためには、いかにキメの細かい泡を作ることができるかも重要です。

キメの細かい泡を作りやすい素材として、陶器が有名です。

陶器の中でも、上薬を塗ってから焼かれている表面がツルツルしたものよりは、素焼きのようなザラザラした手触りのものが適しています。

陶器の表面にある小さな穴やくぼみによって、ガラスなどのツルツルした素材よりもキメ細やかな泡が立つためです。

ガラス製のものよりも多少値は張りますが、ビール好きなら陶器製ジョッキに投資する価値はあるでしょう。