上司の喜寿祝いに送りたいプレゼント5選

上司

上司の喜寿祝いとしてプレゼントを考える場合、どのようなものを選べば良いのか迷ってしまいますが、定番として挙げられる五点のプレゼントがあります。

まず最初に挙げるのはお酒です。お酒を贈る際には、お相手の名前入りの銘酒を贈るケースが一般的となっています。

お相手の名前を入れることにとり、世界で一つだけのお酒になります。世の中でお酒は百薬の長と理解されているため、お相手がお酒嫌いの人ではない場合には大変喜んでもらえます。

次にお花があります。女性の上司であれば特に喜ばれますが、男性であっても嫌な気持ちにはならないでしょう。

お花には西洋風の贈り物のような雰囲気もありますが、七十七本の薔薇の花束を贈れば豪華な印象を与えられます。

人生において一度にたくさんのお花をもらえる機械は滅多にないため、受け取った人は驚きとともに嬉しい気持ちになります。

旅行もおすすめのプレゼントです。旅行代金が高額になるリスクはありますが、おそらく受け取ったお相手が旅好きの人であれば、乱舞するほどの喜びがあると想像されます。

ただし、お相手に配偶者がいるのであればご夫婦で旅行を楽しんでもらうために二人分必要となります。

一人で旅行に出かけても喜びが半減してしまうため、二人分をプレゼントするという点は厳守したほうが良いでしょう。

温泉

旅行先の第一位は、やはり温泉地です。温泉を満喫した後で美味しい料理を食べることができれば、癒しと想い出の両方を贈ることが可能となります。

高価な贈り物になりますが、浴室暖房も推奨されています。これは大変高額なものであるため、経済的に相当な余裕のある人でなければ贈ることはできません。

喜寿を迎えた人の場合、冬の寒い時期に風呂場でいきなり熱い風呂に入るとヒートショックを起こす可能性があります。

そのような事態に備え電気式浴室暖房器を贈れば、ヒートショックの心配が少なくなります。高額なものであるため、同僚の社員で負担を分散しても良いでしょう。

浴室暖房は長生きしている人が欲しいと感じる逸品です。この設備があれば冬の寒い時期でも快適かつ安全に入浴することができるため、必ず喜んでもらえることでしょう。

ポエム

最後にネームインポエムがあります。これはお相手の名前を入れた詩のことです。

喜寿を迎えた上司の名前が入っていれば、どこにでもある普通の詩であっても特別な意味合いを含むことになります。

和紙などの用紙に書いた詩を手渡せば、より雰囲気のあるものとして喜んでもらえます。

注意点として、お相手を称える内容の詩になっている点に気を配ったほうが良いでしょう。仕事の実績を書いたものやお相手の人柄を絶賛する内容でもかまいません。

世界で唯一の詩であれば、必ずお相手に喜んでもらえるでしょう。

喜寿を迎えた上司であれば長く生きているためほとんどの物を持っている場合も多いため、持っていない物を贈るということもポイントになります。

ここに挙げた五点の中にはありませんが、マッサージチェアなども人気があります。