還暦祝いのプレゼントに時計を贈ろう

還暦

還暦を迎えたとは言っても、昨今の60歳代の方は非常に元気で、より一層、これまで以上に社会で活躍するという方が増えています。

それまで仕事だけだった人が地域社会やボランティア活動を始めるというケースもあることでしょう。

そんな方へ、還暦祝いのプレゼントを贈ろうと思ったときに何を選ぶと喜ばれるでしょうか。

これまで企業の第一線で活躍してきた方や、現場の指揮官として体を張って頑張ってきた方も、60歳を機に少し働き方を見直そうという人が増えてくるのではないかと思います。

実際、定年の延長制度がある会社か増えたり、労働力不足が叫ばれる中で、60歳を過ぎてもまだまだ現役という方は多くいます。

ただ、それまでとは働き方を変えて、平日にも休みが増えたり、残業を一切しなくなったりと、確実にプライベートの時間は増えるはずです。

また、女性の場合にはバリバリ働いていた方もいらっしゃいますし、家庭を守ってきたという方も多いでしょう。

還暦を迎え、子育てからも解放され、旦那も仕事上は一区切りというタイミングを迎え、夫婦ともにこれからは自分たちの時間を大切にしたいという思いを持つに違いありません。

それまで夫婦二人で旅行に出かけたり、社会活動に参加するということができなかった人にとっては、新しい時間の使い方をすることができるようになるチャンスです。

また、人によっては孫の誕生を迎えるなどして、新たな価値観で日常生活を送るようになることでしょう。

腕時計

そんな毎日の時間を刻むものとして、還暦を機に新しい腕時計を身に着けてもらうというのはどうでしょうか。

それまで仕事に使っていた時計にも思い入れはあるのかもしれませんが、仕事だけで燃え尽きる人生ではなく、これからは社会とのかかわり、孫との時間、そして何より夫婦二人の時間を過ごすことができるようになるのです。

それまで時間を刻んできた時計を傍らに置いておきながら、もう一つ新しい時計を愛用してもらうというのは、第二、第三のの人生を始めるにふさわしいプレゼントになると思います。

時計というのはいくつあっても困るものではありません。むしろ、その時の気分やオンオフの切り替えに合わせて使い分けるというのは、自分の気持ちを上げるのにもってこいです。

腕時計

仕事の日には長年親しんだ、これまで愛用してきたものを、そしてオフの日にはプレゼントしたものを使ってもらうことで、ただゆっくりとした時間を過ごすだけではなく、毎日の生活にもメリハリが出てくるでしょう。

会社一筋、仕事一筋だった人が急にその過ごし方を変えるというのは、想像以上に大変なことです。

それまで時間に縛られた生活を過ごしてきた方にとって、休日が増え時間が余ると何をしていいか分からない、ということになってしまいがちです。

還暦を迎えた方へ時計のプレゼントをすることで、時間の使い方を見直してもらい、余った時間を有意義に過ごしてもらうためのきっかけになれば、少し早い老後の生活もまた楽しい時間になることでしょう。

 

お役立ち記事→還暦祝いのプレゼントに時計を贈ろう!喜ばれる理由やおすすめの時計について