77歳のプレゼントに最適なお菓子5選

バームクーヘン

喜寿とは77歳になったことをお祝いし、お祝いする人たちも長寿にあやかるという意味があります。

喜の草書体が七十七に見えることから名づけられたと言われています。

本来であれば数え年で77歳の時にお祝いをするのですが、最近では満77歳になる時にお祝いする家庭が増えています。

誕生日当日ではなく、土日を利用するなど家族が集まりやすい日を選ぶのが最近の特徴です。

家族で会食をするのが一般的なお祝いですが、その席にはプレゼントが欠かせません。

せっかくあげるのであれば、喜んでもらえるプレゼントをしたいと誰もが思うでしょう。そこで、喜ばれるおしゃれなお菓子をこれから5つご紹介していきます。

まず、バウムクーヘンは年輪を重ねたように見える形からめでたい贈答品として愛用されています。

歯が悪い方も食べやすいやわらかさで、ほんのりとした甘さが好まれます。外側を砂糖でコーティングしたものもあり、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

喜寿は紫という高貴な色を使う傾向があるので、紫色の布で包むとよりおしゃれになります。

カステラ

また、カステラもポルトガルから伝わったお菓子として好まれます。ざらめが入ったものなど、バリエーションもあります。

最近はカステラにお祝いの文字や、名前を入れてくれるサービスもあるので、上手く活用することで世界でひとつだけの贈り物になります。

水飴をつかっているのでしっとりとした甘さが特徴です。長方形だけでなく、伊達巻のような形になっているものもあり、個包装できるので日持ちするメリットがあります。

喜寿は紫とともに黄色を使うので、お菓子自体の色が黄色いこともあり、めでたいと言えるでしょう。

そして、どら焼きもプレゼントにおすすめです。こちらも名前を入れてくれたり、喜寿や祝うという文字を入れてくれるサービスがあります。

パッケージや熨斗に印刷してくれるものもあるので、確認してから注文しましょう。

名前をオーダーする場合は、通常よりも配送に時間がかかることもあるので、早目に行動するようにします。

もなかもおすすめのプレゼントです。年齢を重ねると、生クリームがたっぷり入った洋菓子よりも、餡子を好むようになります。

もなかの形状を提灯の形にするなど、地方によって特色があります。好みのものや、地元で銘菓として扱われているものを選ぶのがおすすめです。

マドレーヌ

洋菓子で選ぶのであれば、マドレーヌなどの焼き菓子がいいでしょう。

シェル型などの形や、味なども豊富に用意されています。抹茶味やイチゴ味は万人受けする味なので、セットになったものをプレゼントするという方法もあります。

比較的手に入れやすいお菓子で、パウンドケーキやフィナンシェなどを組み合わせるのもおすすめです。

喜寿という節目の時期に楽しめるお菓子で、家族で味わうこともできるので、子供や孫と一緒に食べることも可能です。

喜寿というお祝いの席にプレゼントするお菓子を選びましょう。

 

 

お役立ち記事→喜寿祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選