布団

両親への還暦祝いに選ばれる人気プレゼント

両親への還暦祝いとなると、他人に贈る物以上に喜んで欲しいプレゼントを選びたくなるものです。

還暦は定年を数年後に控えたタイミングですが、まだまだ現役で活躍している人も少なくない年齢でしょう。

両親への還暦祝いギフト選びのポイント

そこで贈り物の目安となるのは、実用的で普段遣いもすることができるアイテムです。

毎日使う物であれば、本人が贈り物を目にする度にお祝いや感謝の気持ちが伝えられますし、顔も思い出してもらえるので一石二鳥です。

特別なタイミングで、尚かつ相手は両親ですから、予算を奮発して喜ばれる贈り物を選ぶことが大切です。

相場

電卓 お金

一般的な予算の相場は3万円ほどで、更に1万円以下よりも4万円以上が多いのが傾向の特徴となっています。

つまり、両親に対しては惜しみなく予算を用意したい、そういった子供の気持が見え隠れします。

還暦を迎える両親の子供であれば、既に独立して生活できていますから、これ位の予算はむしろ現実的です。

平均3万円の予算があると、還暦祝いのプレゼント選びは選択肢が大きく増えるので、なるべく予算を多めに確保して選択を始めましょう。

財布

3万円で実用的なアイテムとなると、使い込んでボロボロになっている品物が狙い目になります。

長く使い続けている財布は、例え丈夫な革素材でも傷んで見た目が変化してしまいます。

3万円なら上質で使いやすい財布が選べますし、男性にも女性にも最適なので有力な候補です。

父親なら腕時計

腕時計

父親なら腕時計も良いプレゼントになるので、こちらも本人の拘りや愛用しているアイテムの使用状況に合わせて検討するのが得策です。

母親ならバッグ・衣類

母親にはバッグや衣類も喜ばれます。

父親とは共通のアイテムだけでなく、別の選択肢の中から候補をリストアップすることも肝心です。

ボールペン

万年筆も還暦祝いの定番ですが、普段からあまり使わない人にはピンとこない品物です。

ボールペンを愛用している人には書き味の良い高級品を、筆書きを好む相手にはこちらも高級な筆や筆ペンが、実用的でお祝いに適した贈り物となります。

相手のことを考えて品物を選び抜く、これが両親にお祝いの気持ちを込めて贈るアイテム選びのコツです。

パジャマ・布団

布団

他にもパジャマや布団であったり、寝心地が優れる枕やマットレスもプレゼントに良いでしょう。

還暦になると眠りの質がより重要になってくるので、評判の寝具を贈り物にするのは合理的です。

これらの寝具を既に贈っている場合は、外出用の普段着を用意して贈るのもありです。

おしゃれは年齢に関わらずに、人生の楽しさや質を左右するものですから、還暦祝いに贈ってあげると喜ばれます。

男性には、格好が良かったりシックな物を、女性に対しては可愛らしかったり上品なアイテムが目安です。

体のサイズを調べる必要はありますが、素直に贈り物がしたいと言ってお店に連れ出して、その場でサイズを測りプレゼントを選ぶのも悪くないやり方です。

一緒に買い物する

買い物

独立した子供は、両親と一緒に過ごす時間が必然的に減る傾向なので、共に買い物に出向いて同じ時間を過ごすだけでも贈りものになります。

親子関係であれば、事前に予算を伝えておいても失礼にはなりませんから、予算内で欲しい物を選んでもらうのも有効です。

最終的に何を贈るにしても、本人達の希望を第一に考えることが大切なので、還暦祝いの希望をリサーチしておく必要があるでしょう。

旅行

実用品やおしゃれ以外を好む傾向であれば、夫婦旅行や家族での旅行も選択候補に浮上します。

夫婦旅行なら、予算が限られていても最低一泊分の予算は確保できるはずなので、一泊二日分のペア宿泊券が現実的な選択肢になります。

家族旅行だと、移動や飲食費にお土産代も予算に加わるので、予算が限られているなら夫婦旅行に留めるのが懸命です。

行ってみたい場所や、入ってみたい温泉に味わいたい地域の食事など、旅行先を検討する際に役立つヒントはいくつもあります。

両親に何気なく話題を振って、返ってくる反応から候補を検討してみることができます。

一緒に外食する

和食 外食

予算に限りがあって旅行を希望する様子もない、そのような時は家族で食事に出掛けるのが、還暦祝いの立派なプレゼントに変わります。

高級寿司やレストランでのコースメニューは、特別なお祝いにピッタリの贈りものです。

お店は両親の好みで絞り込みが可能ですし、予約の際に予算を伝えておけば、無理のない出費で喜んでもらえるようになります。

プレゼントに手紙や花束を添えるとより効果的

贈り物に感謝の気持ちも併せて伝えると、特別な記念はもっとスペシャルなものとなって思い出に残ります。

予算に余裕があるなら、小さな花束を用意して気持ちを伝える際に渡したり、プロカメラマンに依頼して写真を撮影してもらうこともできます。

気持ちの伝え方は人によりますが、形に残る物とそうでないものを用意すると、贈り物で喜んでもらえる相乗効果がアップします。

喜びの度合いや結果は相手の好みによって左右されますから、まずは欲しがりそうなものを調べ上げ、比較して悩んだり絞り込むことが重要です。

子供からの贈り物であれば、何でも喜んでもらえる可能性はありますが、好みに近ければ近いほどより喜びが倍増する結果に結び付きます。

 

合わせて読みたい両親へのメッセージ→父母に感謝!還暦祝いのメッセージの書き方と文例集