70歳の親に贈る人気プレゼント

両親

60歳を迎えた際にお祝いする還暦は非常に有名で、両親が還暦を迎えられた方は初の長寿祝いということで、盛大に祝福される方も多いと思います。

しかし長寿のお祝いは還暦だけでなく、他にもたくさん種類があることをご承知でしょうか。一番近いお祝いがその10年後に行われる70歳の古希祝いです。

今回古希祝いのお祝いの色、両親へのプレゼントに人気なアイテムを紹介していきます。

還暦のお祝いに、魔よけの意味を持つ赤色のちゃんちゃんこを送る風習は皆さまご存知かと思われます。

健康寿命が昔に比べて非常に長くなった今、若々しく60歳を迎える方が大変多いです。

そのため、「今時ちゃんちゃんこを着るだなんて恥ずかしい…」と思われてしまうため、それに代わる別のプレゼントをされることが主流となってきました。

還暦のお祝いに色があるように古希のお祝いにもテーマカラーが存在します。古希のお祝いの色は、ずばり紫色です。

冠位十二階の最上位に紫色が使われたように、かつては入手が難しかった紫色の染料は高貴な方にのみ許された、気品や風格のある色でした。

このことから、尊敬の念を表し、更なる長寿を祈願してこの色でお祝いをされたと言われています。

古希お祝いも、テーマカラーを意識した紫色のアイテムを贈ることが望ましいといえます。それでは70歳を迎えられる両親へ贈る人気なプレゼントを見ていきましょう。

お酒

やはり定番のお酒は、お父さんだけではなくよくお酒を飲むお母さんにも喜んでもらえるアイテムです。

パッケージが紫色、ボトルの色が紫、またお酒そのものが紫色等、テーマカラーを入れることもできる便利なプレゼントだといえるでしょう。

和テイストな食器もまた両親ともに人気なアイテムだといえます。

両親が同い年の方なら、ペアでのプレゼントも素敵です。先ほど紹介したお酒と合わせて酒器を贈るという合わせ技にも使えます。

またまだまだお若い両親だと、カットソーやハットといったファッションアイテムもおすすめです。

お祝いが紫なので、あまり強すぎる色味だと「年甲斐がない…」と嫌がられてしまうこともあるので、お母さんであればすみれ色やおうち色のような柔らかい色を、お父さんであれば梅紫色やむらさきとび色といった少し渋みのある色での用意が安全です。

また素材もリネン系のようなナチュラルなイメージのもの、シルクやカシミヤといった肌に優しい天然素材のものを用意すると、長らく使ってもらえるでしょう。

お花

またお花も両親ともに、特にお母さんに喜んでもらえるアイテムですが、生花では花粉が気になったり水やり等の管理が難しく、また寿命の短い花束や一見枯れてしまっているようにも見えるドライフラワーでは少し複雑な思いをする方もいらっしゃるかもしれません。

そこでおすすめなのがプリザードフラワーです。プリザードフラワーは、生花が最も美しい時期に特殊な加工を施したもので、しっかり乾燥させると5年以上もつといわれています。

ボックスタイプのプリザードフラワーもあるので、箱を開けると一面花!なんてサプライズにも使えます。

是非これらを参考にして、両親に素敵な古希祝いをプレゼントしてあげましょう。

 

参考記事※両親への古希祝いの人気プレゼント